Violin muse

子供のころは なりたい人に
必ずなれるものだと思っていました。

momoko ae nostalgia

小学生の終わりごろ、フルートという楽器と出会って、
私は フルートの奏者になりたいと思うようになりました。

momoko ae nostalgia

それからの学生生活の部活は
もちろん 吹奏楽部♪

今頃の季節は、朝の空気がピーンとはりつめていて、
誰もいない部室で 最初の音を出すのが うれしかった。

合宿も 楽しかった♪

もう 朝から晩まで、楽器のことしか
頭になかったと思います ヾ(o´∀`o)ノ
いまはもう ロングトーンでさえ続かない・・・

今思えば 本当に 幸せな時間を過ごしましたv

momoko ae nostalgia

nostalgiaさんには バイオリンを・・・

本当はフルートを持ってほしかったのですが、
1/6のミニチュアだと、縮尺的に 長すぎるのです。
指が とどかない。

momoko ae nostalgia

好きだった練習曲は
Bachの 管弦楽組曲第2番・・・ なかでもバディネリは大好きでした。

momoko ae nostalgia

いつか きっかけがあったら
やってみたいなぁと思っていたバイオリン。

大人になると なかなかそのキッカケというものが
つかみにくくなるような・・・

タイトルは、川井郁子さんの Violin muse から。
とても 素敵な曲です。

momoko ae nostalgia

この洋服は pirka textile様の
Une robe blanche という名前のOFです。
白のローブ! (ガンダルフでは ありません)

パニエがふわふわ。
開封したとき、なんともいえないいい香りがしました。

momoko ae nostalgia

nostalgiaさんは、
一目ぼれするタイプの子ではないかもしれませんが、
理知的で、意思が強くて、少し淋しがりのような気がします。

・・・ところで、ドールハウスの進捗ですが、
二度目の指の怪我(カッターでざっくり・・・ )
が結構ひどくて、
昨日 ようやく本体を接合しました。

画像の中にちらっと見えているのは、
ルームディバイダーです。
パーテーションより大きめ。

下塗りをブラウンでしました。

今日は 午後休なので、
これから フレンチベージュに塗装して、
飾り窓風に 作っていく予定です。

今年 最後のオークションになるので、
あせらずじっくり手掛けたいと思います

2013.12.16 Monday * 15:34 | 製作記録 2013 | comments(8) | trackbacks(0)
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/12/16 8:41 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/12/16 9:22 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/12/19 11:19 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/12/19 4:04 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/12/19 10:21 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/12/19 10:27 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/12/19 10:35 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/12/19 10:39 PM |









Trackback URL
http://cafe.cappuccino.bitter.jp/trackback/289
<< ステイン仕上げの家具 | main | ルームディバイダーと セトルベンチ >>